ダイエットの旬は「秋」だった!秋が痩せやすい理由と簡単”秋ダイエットテク”を大紹介

ダイエット情報

実は「秋」こそダイエットに最適な季節!

こんにちは、エステグラムです。

つい食べすぎてしまう秋は、いちばん太りやすい季節だと思っている人が多いですよね。

でも実は、1年中で「秋」がもっともダイエットしやすい時なのです!

この記事では、『秋がダイエットにぴったりな理由』や、『秋だからこそ簡単に痩せるコツ』などを紹介します。

この季節ならではのテクを活用して、秋ダイエットを成功させましょう。

 

 

秋が痩せやすい3つの理由

毎年秋になると太ってしまう人必見☆
秋は頑張らなくても痩せる『ダイエットの旬』です!

秋は「代謝が上がる」

基礎代謝とは、ただ寝転がっているだけでも消費されるエネルギーのこと。
基礎代謝が高いほど、老廃物や脂肪が溜まりにくく、やせやすい体質といえます。

実はこの基礎代謝は、年齢や性別で左右されるとされていましたが、季節によっても変動することが明らかになりました。

温度差が少ない季節は基礎代謝が少なく、温度差が大きくなるほど必要なエネルギー量が上がり基礎代謝が上昇、その差はなんと10%以上!

気温と代謝量

気温が低くなる秋は、自然と基礎代謝がUPして痩せるのには絶好の季節です。

上の図を見ると、冬が一番代謝が高くなりそうですが、寒すぎて体に冷え切ってしまいます。
体の冷えは全身の血流が悪くなるため、水分や老廃物が停滞しやすくダイエットにはマイナスになりやすい条件です。

秋は、春よりも寒暖差が大きい上に最低気温は低めで、基礎代謝が上が理やすい季節。
しかも、冬ほど冷え切る心配がないので、上がった基礎代謝はムダなくダイエットに使えるのです!

 

秋は「自律神経のバランスが整いやすい季節」

自律神経は、食欲や脂肪の分解燃焼をコントロールしています。

交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスには、昼と夜の長さや気温が密接に関わっています。

昼が長く暑い時期や寒すぎる冬には、交感神経が活発になりすぎて、代謝が低下する傾向があります。
一方秋は夜が徐々に長くなり、気温も過ごしやすくなるので、副交感神経が高まって代謝がUPする季節です。

自律神経のバランスがちょうど良いのは、交感神経14時間に対して副交感神経が10時間ほどと言われています。
日没が早くなり気候が良くなる秋は、自律神経のバランスが整いやすいため、ダイエットにも最適な季節です。

 

秋は「ダイエット向きの食材が旬」

秋に旬を迎える食材の特徴は『甘み』で、少量でも食欲を満たす働きが高いものが多くなります。
また、食べるだけで体を温める効果があり、基礎代謝UPにも結びつきやすいのも特徴です。

秋の食材は含まれる栄養素がピークに達しているので、ダイエットの妨げになる調理油や調味料を使わずに美味しく食べられるものばかりです。

 

秋ダイエットを成功させるテクニック

秋ダイエットのコツを5つ紹介します。
どれも簡単にできることばかりなので、毎日の生活に取り入れてみてください。

甘いものは『食事』で摂る

秋の食材は甘味が豊富なので、積極的に食事のメニューに取り入れましょう。

デザートやおやつではなく、あくまでも食事の一皿にすることがポイント。
いつも食べるサラダに蒸したサツマイモやカボチャをプラスするだけでも満足感が上がり、同時に満腹感もUPします。

秋の食材は甘いだけでなく食物繊維も豊富なので、ダイエットにぴったりです。

ドリンクをHOTにチェンジ

冷たいものを飲み続けていると、汗をかきにくくなる秋はむくみがひどくなります。

温かいドリンクを飲むと体が温まるだけでなく、リラックス効果で副交感神経が活性化されます。
気温との差が広がることで代謝が上がりやすくなり、体内にたまった水分や老廃物の流れもよくなるので、むくみがスッキリしますよ。

肌寒くても薄着で

秋の気候なら、ちょっと頑張って薄着で出かけましょう。

意図的に身体を冷やすと、体温を上げようと消費エネルギー量が上昇します。
寒すぎるほどの薄着は体調を崩しますが、無理のない程度の薄着なら普通に生活しているだけでダイエット効果が期待できます。

1日の始まりは1杯の水から

起きたばかりで気温も低め、もっとも自律神経のバランスが安定している時に飲むコップ1杯の水は秋ダイエット成功のカギです。

『コップ1杯』というのがポイントで、おおよそ200〜300CCの水を飲むと大腸を刺激して、副交感神経が活性化されます。

秋の早歩きはランニングの効果

夏に比べると基礎代謝がどんどん上がってくるので、運動が苦手な人でも効果が1割り増しになるのが秋です!

まとめて20分以上歩くのは難しくても、1日でちょこちょこ早歩きをした時間の合計が20分と言われれば、案外簡単にこなせます。
早歩きを合計20分くりかえせば、肌寒い秋なら20分のスローランニングと同等のダイエット効果を得られるとされています。

 

秋の食欲対策マニュアル

ダイエットの敵は食べ過ぎではなく、『食べられないこと』なのです。

おいしいものがたくさん出回る秋だからこそ、食べることを我慢するより、食欲をコントロールする方法を身につけるのが秋ダイエット成功のコツです。

運動で食欲をコントロール

有酸素運動を行なった後には、食欲増進ホルモン『グレリン』が減少するという海外の研究データがあります。

理由は、消化管から分泌されるグレリンが、運動後に低下して1時間ほど低い状態が持続するから。
食欲に直結するホルモンなので、「おやつが食べたい」と思ったら、少し外を散歩してみませんか?

2〜3分の運動でもグレリンが抑制されるといわれ、部屋の中で足踏みや腕回しなど簡単な動きで、少し体温が上がるくらい動けば食欲を抑えることが期待できます。

アロマで満腹感をコントロール

「お腹いっぱい」と感じる満腹中枢や「食べたい」と感じる食欲中枢は、自律神経によってコントロールされています。

アロマは自律神経をつかさどる視床下部に効果がでやすく、自律神経のバランスを整えることでも知られています。

副交感神経を高めて食欲を抑えながら、わずかに交感神経を刺激して脂肪燃焼を促進するので、アロマはダイエットには最適です。

種類 秋ダイエットに効果的な効能
グレープフルーツ 食欲抑制・代謝UP・脂肪燃焼促進
ローズマリー 血行促進・消化促進・体温上昇
ペパーミント 空腹感解消・消化促進・リラックス
特に、柑橘系のエッセンシャルオイルに含まれるリモネンがダイエットにオススメです。
揮発した香りを吸い込むだけで、血流やリンパの流れを促進して老廃物を排出する効果があるので、むくみがちな人やセルライトケアにもぴったりです。
ローズマリーやペパーミントの消化促進効果で、秋野菜に豊富な繊維質もお腹にたまりにくくなり、ぽっこりお腹もスッキリします。

 

 

秋ダイエットで効率的に楽ヤセしよう♪

食欲の秋こそ、ダイエットに最適な季節です。

自律神経が整いやすく、基礎代謝が自然とアップする気候を利用すると、他の季節よりも簡単にダイエットができそうですね。

朝起きたらまず1杯の水を飲み、なるべく薄着で体を動かす、あとは食卓に繊維たっぷりの秋野菜を並べて、リラックスタイムにはアロマを楽しむ。

痩せるコツをちょっと取り入れるだけで、やってみると意外と毎日の行動を変えるほど難しいことではありません。

季節を味方につけて、秋ダイエットを成功させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました