痩身エステに通う頻度と回数をわかりやすく解説!おすすめ期間とダイエット効果を高める方法も紹介

エステ雑学

こんにちは、エステグラムです★

痩身エステに通う時「どのくらいの頻度で行けばいいの?」「何回通えば効果を実感できる?」など気になりますよね。

ズバリ、1週間に1回を3ヶ月続けるのがおすすめです!
回数にすると約10〜15回くらいが目安。

本記事では、変化を実感しやすいおすすめの期間と、頻繁に通えなくてもダイエット効果を高める方法も徹底解説!

痩身エステの回数や契約期間で悩んでいる人はいますぐ要チェックです★

 

痩身エステには1週間に1回の頻度で通うのがオススメ!

痩身エステにはどのくらいの頻度で通えば、効果が実感できるのか?

先ほども説明したように1週間に1回の頻度で通うのがオススメです。

なぜかというと、施術効果がキープできるのは短くて3日、長くても1週間くらいとされています。体質や体格にもよるんですが、巨漢に近いおデブさんなら3日に1回が良いです。ちょいポッチャリさんなら1週間に1回くらい。

デブ
デブ

アタシは3日に1回が良いかしら?

効果がなくなりそうになったところで、すかさず次の施術を受ける!という感じが理想的です。さらにいえば、これを継続していくことが何より大事!

例えば、長年蓄積されてできたセルライトなどは1回の施術だけではすべて取り除くことはできません。回数を重ねて徐々に柔らかくしていくことでやっと落ちやすい状態になるのです。

せっかく柔らかくなったセルライトや脂肪も、長期間放置すればすぐに元に戻ってしまいます。効率よくダイエット効果を発揮させるには、

▶︎施術の頻度はなるべく短く
▶︎とにかく継続する

この2つが最重要課題なんです!

のっこ
のっこ

痩身エステの頻度を短くすると、モチベーションアップにもつながるんだよ。「明日はエステの日♪」と思うと、自然と食事を控えめにしたり気を使うよね。
エステティシャンのセルフケアアドバイスもたくさんもらえるしね。

 

痩身エステには10〜15回・3ヶ月間通うのが目安!

一般的に痩身エステの契約回数は10〜15回で設定してあるところが多いです。期間でいうなら最低でもだいたい3ヶ月間が理想。

なぜなら、人の体質が変わるまでには3ヶ月かかると言われているから。そう「痩せ体質は1日にしてならず」なのです。

1週間に1回通ったとすると、約3ヶ月で10〜15回の施術をちょうどこなせる計算です。

でも、これはあくまで標準〜ちょいポッチャリさんを基準としたもの。

デブ
デブ

アタシはどーなの?

セルライトや脂肪が多めの場合は15回では厳しいです。もちろん、各エステサロンや施術内容によっても違いますが、20回以上の施術が必要でしょう。

のっこ
のっこ

ですが、回数が多ければイイってもんでもありません。必要以上に回数が多く期間の長いコースへ申し込んでしまってはお金や時間のムダ(´Д` )

しっかり自分の体質を見極めて、エステティシャンさんと相談して決めることが肝心だわね。

 

通う頻度が少なくても、ダイエット効果を高める方法

「そうはいっても、仕事や育児が忙しくって頻繁に通えないわ(T . T)」という人も多いでしょう。そんな余裕がない人でも確実にダイエット効果を高める裏技を伝授!早速チャレンジしてみよ★

食事管理を取り入れる

裏技その1食事管理を取り入れることです。あくまで食事を減らすとか食事制限じゃなく、食事の内容を変えよう!ということ。

これを取り入れるのとそうでないのとでは、格段にダイエット効果に差が出ます!コースの中に食事管理のアドバイスがあるエステサロンもあります。今までの生活習慣も改善できて効率的にダイエットができますよ。

施術の他に食事管理もしてもらえるエステサロンはこちら

エステサロン 人気コース 料金
スリムビューティハウス 骨盤ダイエットBeauty 通常26,514円⇒体験500円
オリエンタル・スタイル インドエステ初回コース 通常12,960円⇒体験980円
BTB バイオセルファイア 5部位 通常30,700円⇒体験2,000円
ラ・パルレ 熱汗セルライト撃退コース 通常25,920円⇒体験2,000円
たかの友梨 キャビボディコース 通常22,680円⇒体験3,000円

有酸素運動を取り入れる

裏技その2有酸素運動です。

痩身エステの施術を受けた後は代謝が上がり脂肪が燃えやすくなっている状態です。消化吸収など体の働きも活発になっているので「施術後2〜3時間は食事を控えるように」と指導されることもありますよね。

実はそんな時が大チャンス!有酸素運動をすると脂肪がますます燃えやすくなります。また、施術後に限らず普段から有酸素運動を取り入れることで、代謝が上がり痩せやすい体質へと変化させることができますよ★

▶︎ジョギング
30分くらい走ったころから脂肪が燃焼されはじめるので、効率よく脂肪燃焼効果を得るためには1時間くらいは走った方が良さそうです。ジョギングはさすがにキツイ人はウォーキングから始めてみるのもアリ。

▶︎ウォーキング
ウォーキングはジョギングよりも運動量は少ないので、体が温まるまでに30分はかかります。歩く時間は1〜2時間が理想的。だらだら歩くのではなく少し大股で早歩きが脂肪燃焼させるコツ。

▶︎水泳
脂肪燃焼効果が一番期待できる有酸素運動が水泳です。時間としては30分以上は必要ですが、冷たい水の中に長時間いると体が冷え皮下脂肪がつきやすくなってしまうこともあるので、できれば温水で水中ウォーキングなどを取り入れるのがおすすめ。

▶︎空中自転車こぎ
外に出て運動ができない人におすすめの室内でできる有酸素運動。仰向けになって膝を立て頭の後ろに両手を置き、首を浮かします。後は自転車をこぐように足を動かすだけ。この時膝と肘を引き合わせるようにすると腹筋にも効きます。1セット30秒を3セットが目安。

のっこ
のっこ

室内でできる有酸素運動はこの他にもたくさんあるので、自分で取り組めそうなものを探してみてね★

湯船に浸かる

裏技その3は、湯船にじっくりと浸かることです。

お風呂に入る時は、シャワーで済ませるのではなくしっかりと湯船に浸かりましょう。

湯船に浸かって体を温めると…

▶︎毛細血管が広がり血流がよくなる
▶︎水圧でむくみが取れる
▶︎リラックス効果で固まった筋肉がほぐれる
▶︎リンパの流れもスムーズになり代謝が上がる
▶︎脂肪燃焼効果が高まる
と、いいことずくめ!
ぬるめのお湯だと、副交感神経が優位となってリラックス効果ばかりが高まるので、脂肪燃焼効果を狙うダイエット目的で湯船に浸かるなら、ちょい熱めの41度の熱めのお湯に10分間浸かるのがおすすめです★

セルフマッサージをする

最後に、エステティシャンもよくやっている裏技として、セルフマッサージをするのがおすすめ。

お風呂に入っている間とかにもチャチャッとできるので一石二鳥です^ ^
リンパが詰まって老廃物が溜まりがちな足首と膝裏を中心に数分もみほぐすだけ!これだけでもむくみが取れ、見た目の細さも全然違ってきます。

湯船に浸かっている10分間を利用して、毎日の習慣にしてみてくださいね★「ちりも積もれば山となる」です!

 

痩身エステに効率的に通って、簡単ラク痩せ♪

痩身エステに通う頻度や回数は、体質や脂肪のつき方、どこを重点的にダイエットしたいのかによっても違ってきます。

ですが、ダイエット効果を存分に発揮させるためには「週1で3ヶ月・15回程度」をひとつの目安としましょう。「週一で通うのがムズかしい」という人はセルフケアを積極的に取り入れて、通う期間をのばしてみるのもいいですね。

無駄なく効率的に痩身エステを活用して、ラク痩せしちゃってください★

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました