痩身エステの解約方法を超分かりやすく解説!書面のみ&無事返金してもらえるコツを紹介

エステ雑学

こんにちは、エステグラムです★

引っ越ししたり仕事が忙しかったりで痩身エステに通えなくなってしまった…。しっかり通ってるけど、思ったようなダイエット効果が感じられない…。いっそのこと解約したいけど、本当にできるのか気になっちゃいますよね。

のっこ
のっこ

エステ全般は、有効期間内であれば理由を問わずコース解約できるんだよ♪
だから、解約すると決めたらなるべく早い方がいいんです。

解約するためには「クーリングオフ」「中途解約」の2パターンがあって、解約できる期間や解約方法が違います。
今回は「クーリングオフ制度」って何?というところから、解約できる条件や具体的な解約方法について超くわしく解説。

痩身エステを解約したいけど、どうしたらいいの?って人は方は必見です。

 

痩身エステの解約条件って?

まずは、痩身エステが解約できる条件として、以下に当てはまっているかどうかを確認しましょう。

【痩身エステが解約できる条件とは】
▶︎役務名称 エステティックサロン
▶︎契約期間 1ヶ月を超える期間(役務提供期間)
▶︎契約金額 5万円を超える金額

これら3つに当てはまれば「特定継続的役務提供」として「特定商取引法」に適用されるので、解約ができるという仕組み。

具体例をあげてみましょう。

客

痩身エステで総額45万円のコース有効期間2年で契約したけど、効果があまり感じられないから解約がしたいの。

と、このような人は解約できる条件に当てはまります。

▶︎特定継続的役務提供って?
エステティック・語学学校・家庭教師・学習塾・パソコン教室・結婚相手紹介サービス・美容医療の7業種のうち、一定の条件を満たす契約のこと。エステサロンの場合は、上記の3つの条件を満たしていれば解約できます。
▶︎特定商取引法って?
業者の違法行為や悪質な勧誘などを防止して、消費者を守る法律のこと。

そして重要なのが、解約方法は契約した日から解約するまでの期間によって「クーリングオフ」「中途解約」の2つの方法に分かれるということ。

クーリングオフと中途解約の違い

のっこ
のっこ

解約方法は2パターンあるけど、どちらも来店なしで書面(日付が証明できる内容証明郵便など)のみでで手続きができるんだよ。

ぱっこ
ぱっこ

引っ越しや多忙すぎてサロンに行けなかったり、気まずくてサロンで解約を切り出せないという人でも安心だね♪

次では「クーリングオフ」「中途解約」の具体的な解約方法についてくわしく解説するよ★

 

解約方法1:クーリングオフ制度

「クーリングオフ制度」とは、購入または契約した後に冷静に考え直す期間を与えて、一定の期間内であれば、どんな理由であれ一方的に契約を解除できるという制度です。

「クーリングオフ制度」を利用するには、以下の条件が必須です。

【クーリングオフできる条件】
▶︎契約書面を交付した日や購入した日(当日含む)から8日間
▶︎契約期間(役務提供期間)が1ヶ月を超えていること
▶︎契約金額が5万円以上であること
のっこ
のっこ

クーリングオフ期間は8日間と短いから、契約直後に解約したい人の制度だよ。

ついついその場の雰囲気で契約してしまったけど、帰宅して冷静に考えてみたらやっぱり契約しなければよかった…とかあるよね。

それでは、具体的なクーリングオフの解約手順を見ていきましょう。

クーリングオフの解約手続きの流れ

クーリングオフでは、すべての契約書類や通信記録を残しておくことが重要。口約束だけでは「言った、言わない」のトラブルになるからです。

①クーリングオフで解約すると決めたら、まずできるだけ早くサロンに電話連絡しましょう。クーリングオフを申し出たら、たとえ電話でもエステサロン側はクーリングオフを断ることはできません。

「今担当者がいないので」など、先延ばしにすることは違法行為です。さらに言えば「解約のためサロンに来てください」と言うのもNGです。そもそもクーリングオフは、サロンに行かなくても書面でできますから。そして「8日以内」に書面を送る旨を事前に伝えておきましょう。

②クーリングオフは必ず「書面」で送るのが鉄則。「内容証明」という記録に残る、封書を使う方法で送ります。ハガキで送りたい場合は「簡易書留」で送りましょう。

②書面には以下の内容を書きましょう。

出典:国民生活センター

封書・ハガキどちらでもコピーして手元に保管しておくことを忘れずに。さらに「内容証明」で封書を送る際は、郵便局で保管する「謄本」も必要なので、合計で3部同じものを用意しておきましょう。

③エステサロンだと、実際の店舗または本社に「お客様相談窓口」があるなら、そちらに送りましょう。

のっこ
のっこ

クーリングオフ書面は、ポストへの投函日が重要

例えば、5月3日に契約した場合。契約日を含めての8日間なので、書面やハガキに5月10日の消印がついていればOK!それを過ぎると、クーリングオフが適用されなくなっちゃうから気をつけて!

 

解約方法2:中途解約制度

「クーリングオフ期間が過ぎちゃったけど解約したい!」そんな時も慌てないで。

中途解約ができる条件はこちら

【中途解約できる条件】
契約期間内(役務提供期間内)であること
▶︎契約金額が5万円以上であること

契約金額が5万円以上というのはクーリングオフ制度と変わりませんが、たとえクーリングオフ期間に間に合わなくても契約期間内(役務提供期間内)であれば、理由は何であれ中途解約できます。

ただし、中途解約の際は支払い代金から使った分の額を差し引いた金額が返金となります。未払いがある場合は追加で支払うこともあるので、その点も注意しておきましょう。

また中途解約では、消費者の負担上限額というものがあり、サービス開始前であっても全額返金にはならないので注意しましょう。

サービス開始前 2万円負担
サービス開始後 2万円または未使用サービス料金の10%に該当する金額の
いずれか低い方。プラスすでに受けたサービスの料金

それでは具体的に返金額を計算してみましょう。

客

契約期間1年総額36万円の24回コースを契約したわ。3ヶ月間計6回通ったけどダイエット効果が感じられないから解約したいの。

このような場合、もうすでにサービスが開始していて6回ほど施術を受けています。
※1回の施術料金が360,000÷24回=15,000円で換算

①まずは自己負担額を調べます。

未使用サービス料金の10%を調べる場合
18回(未使用施術)×15,000÷10=27,000円
20,000円<27,000円なので、20,000円が適用されます。

②これに、すでに受けたサービスの金額を足します。

6回×15,000円+20,000=110,000円
総額360,000円ー負担額110,000円=250,000円

つまり返金額は250,000円ということになります。

のっこ
のっこ

契約期間(役務提供期間)が過ぎると、解約自体はできてもお金は返ってこないので注意しましょう!

そして「中途解約の手続きの流れ」もクーリングオフ同様、電話やメールで済ませるのでなくしっかりと「内容証明」で送りましょう。

とはいえ、契約内容や支払い方法によってそれぞれ処理方法が違ってきます。「こんなときどうなるの?」という疑問をまとめてみたよ。

注意点1.購入してしまったホームケア商品はどうなるの?

契約の際に、化粧品や補助食品、美容機器などのホームケア商品などを勧められて一緒に契約することがあります。

そういった場合「関連商品」と認められれば返金対象となりますが「推奨商品」の場合は返金対象とならないケースがあるため注意が必要です。

▶︎関連商品とは?:サービスを受けるために必要と勧められて購入した商品のこと
▶︎推奨商品とは?:サービスを受けるために、特に購入の必要がない商品のこと

ただし、化粧品など開封してしまったり使用してしまった商品に関しては返品できないことがあります。契約書などにその旨が書かれていないか、まずは契約書を確認してみましょう。

注意点2.クレジットカードで支払いをしている場合は?

痩身エステのコース契約をクレジットカードで支払った場合は、消費者(自分)とエステサロン、クレジットカード会社の「3者間契約」になります。

【3者間契約ってなに?】
消費者(自分)販売会社の間にクレジットカード会社が入る契約のこと。例えば、消費者(自分)は、エステサロンでクレジットカードを利用すると、代金はクレジットカード会社に支払い、クレジットカード会社は利用代金をエステサロンに支払うという仕組み。

クレジットカード支払いで中途解約したい場合は、まずは自身でクレジットカード会社にエステサロンとの契約を解除した旨を伝えることが必要です。

いっぽうエステサロン側でも、クレジットカード会社との契約をキャンセルします。販売会社(エステサロン)は、クレジット会社に対してすでに受け取った立替金を返還しなければいけません。これをクレジット用語で「赤伝を切る」といいます。「赤伝を切る」と今度は、消費者(自分)と販売会社(エステサロン)との2社間での清算となります。

自分がクレジットカード会社に支払ってきた金額は、すでに受けたエステサロンのサービス代金として当てられます。すでに受けたサービスの金額がクレジットカード会社に支払った額を上回る場合は、クレジットカード会社との契約はそのまま継続し、不足分をクレジットカード会社に支払っていくという方法もあります。

基本的にはクレジット契約が解約されれば、契約金額からクレジットカード会社に支払った金額と受けたサービス分の差額をサロン側が清算してからの返金になるのが多いようです。

のっこ
のっこ

クレジットカード会社への支払いがまだ開始されていないのか、かなりの金額を払い続けているのかによっても処理の仕方が違うようなので、しっかりとエステサロンに確認しながら処理を進めましょう。

いずれにしても、返金額が大きければ口座に振り込みになるなど、解約処理にやや時間はかかります。どのくらいで返金されるのかくわしく知りたい人は、エステサロンにしっかりと確認しましょう。

 

忙しくて解約手続きができない!って時は?

中途解約を申し出たけど先延ばしされてしまった場合や、忙しくて解約手続きが自分ではできないなど、自分では手に負えない場合は「国民生活センター」「AEAエステティック消費者相談センター」「弁護士」に相談するのもアリです。

国民生活センター
消費者ホットライン 188(いやや)
※局番なしでかけられます。
受付時間:土日祝日 10時〜16時
※平日は各都道府県に設置されている「消費生活センター」で受け付けています。
AEAエステティック消費者相談センター
03-5212-8805
受付時間:月・水・金の週3日 12:30〜17:00
(祝日・夏季・年末年始は除く)

エステサロンでは、契約の際にクーリングオフ制度の説明が義務付けられています。また、契約書にも記載することも義務付けられています。

ようは、解約条件に当てはまってさえいれば、どんな理由であれエステサロンは解約を断れないってことです。ですが、痩身エステを契約する前には、契約書の内容をしっかりと確認したうえで契約するようにしましょうね。

ぱっこ
ぱっこ

解約とかメンドイ…エステの体験コースだけでダイエットしたい!て人は、コチラのはしご記事を参考にしてみてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました