脂肪を凍らせて破壊する脂肪冷却エステの効果って?今すぐ行けるサロンやクリニックとの違いも紹介

エステマシン

セレブも絶賛!話題の脂肪冷却って?

脂肪冷却”脂肪をカチカチに凍らせて丸ごと破壊する”大注目の痩身エステ技術。
【脂肪冷却って何?】
・ハーバード大学が開発した痩身技術
・欧米では成功例300万件オーバー
・部分痩せにぴったり
痛みがなくリバウンドしづらい

「温め系のエステは全部やったけど効果がイマイチだった」という人も諦めないで。今は凍らせて脂肪を撃退する時代!

のっこ
のっこ
脂肪冷却クールスカルプティングと呼ばれる、アメリカ生まれの痩身技術なんだよ。
ぱっこ
ぱっこ
あのマライアキャリーのスピードダイエットも、この脂肪冷却のおかげだって噂だよ。たっぷり脂肪があるほど、ダイエット効果は期待大ってことだね!
▶︎脂肪冷却が向いているタイプは?
・痛みに弱い人
・リバウンドしやすい人
・脂肪が多い人
・じっくり派の人

脂肪冷却のダイエット効果って?

デブ
デブ
脂肪を凍らせるだけで痩せるってなんだか怪しくないですか〜??
のっこ
のっこ
安心して!脂肪冷却することで、こんなダイエット効果が期待できるんだよ。

部分痩せできる

脂肪冷却が得意とするのは「部分痩せ」です。しかもたっぷり脂肪があればあるほどダイエット効果が上がるぽっちゃりさんには嬉しい施術。

1回の施術で冷却した部分の約20%ほど脂肪が減少するので、個人差はありますが平均して1回の施術で7mm〜4cmのサイズダウンが期待できます。

リバウンドしにくい

「リバウンドしにくい」のも脂肪冷却の特徴のひとつ。

凍った脂肪細胞はシャリシャリのシャーベット状になり死滅。凍って死滅した脂肪細胞は、尿や汗と一緒に老廃物となって排出されます。

▶︎通常のダイエット
中途半端な脂肪燃焼で脂肪細胞が小さくなるだけ
⇒生き残った細胞が復活して脂肪が再び増える
▶︎脂肪冷却
凍らせて脂肪細胞を根こそぎ破壊
⇒そのまま体外へ排出されるのでリバウンドできない

このように、脂肪細胞の数自体を減らしてくれるのでリバウンドしにくく太りにくい体になります。

基礎代謝が上がる

体が冷えるとどうなるでしょう。そう!血流量を増やしカロリーを消費して、一生懸命体温を上げようと頑張るのです。健気ですね〜。

意外に冬に太りにくいという説はこのため。 体温が上がることで、運動した時と同じように基礎代謝量もアップし燃えやすい体になるんです!

▶︎基礎代謝量が上昇するメリット
体温が1度上がると⇒基礎代謝量が14%上昇
基礎代謝量14%を維持するには、1.5時間の早足ウォーキングを毎日続けるのと同じエネルギーが必要。
のっこ
のっこ
運動が苦手な人も、脂肪冷却なら運動した時と同じ効果が得られるんだよ。

脂肪だけを凍らせる仕組みと種類

脂肪冷却の仕組み

脂肪冷却は、厳密な審査で有名なFDA(アメリカ食品医薬品局)から、”脂肪減少効果が有る”と認定されている技術です。

のっこ
のっこ
肥満大国アメリカも認める技術!バツグンの部分痩せ効果と安全性をダブルで確立!日本でもだんだんと認知度が高まってきているよね☆

まずは、脂肪冷却のスゴい仕組みから紹介します★

仕組み

脂肪冷却の専用マシンはこんな感じで、部分的に脂肪をつまんで冷却していきます!↓

脂肪冷却の施術方法

脂肪冷却は、人体の細胞の”氷点(ひょうてん)”の違いで脂肪を凍らせる仕組み。

まず人の細胞の多くは体液(水分)で満たされています。いっぽう脂肪細胞はというとですよね。実は水分と脂、凍る温度(氷点)が違うんです。

▶︎人体の細胞・凍る温度(氷点)は?
・脂肪細胞:4℃
・水分(水):0℃
・血液:-18℃
つまりどうゆうことかというと、先に凍るのは脂肪細胞(脂)。脂肪細胞だけを凍らせて破壊するので、その他の組織への影響はゼロなんです。
凍って破壊された脂肪はどこへ行くのかと言うと、老廃物となって汗や尿と一緒に体外に排出されます。
脂肪細胞が老廃物に変わるのは、”アポトーシス効果”という遺伝子プログラムのおかげ。⇒毎日500億個の細胞が老廃物に変化し、排出されています。
のっこ
のっこ
すでに冷却で破壊された脂肪細胞を老廃物に変えてデトックスするわけだから、生きた脂肪細胞を除去する脂肪吸引よりもリバウンドしづらく、ダメージも少ないってわけね。

種類

脂肪冷却の施術マシンはおもに吸引式プレート式の2種類です。

自分の体質に合わせてマシンを選ぶのが、ダイエット効果を高める秘訣。

のっこ
のっこ
どちらも施術前には、凍結や吸引の刺激から肌を保護するため、専用のパッドやジェルを塗ってからマシンを装着するよ。

吸引式

脂肪冷却 吸引式

吸引カップに脂肪を吸い上げて格納。冷却器をぴったりくっつけて冷やします。

分厚い脂肪も両方から挟み込みながら確実に冷却することができるので、プレート式よりも冷却能力が高いのが特徴です。 デメリットを挙げるとすれば、吸引できる範囲が狭いこと。

のっこ
のっこ
ガッツリ吸引して挟み込むから、人によってはアザができることも。1週間もすればなくなりますが、露出する部分には避けたほうがいいかも。

プレート式

脂肪冷却 プレート式

プレート型の冷却マシンを当てて、吸引式の倍くらいの面積を1回でスピード施術できます。

吸引式のカップには入りきらない硬くてガチガチのセルライト多めの人向き面で冷却するから二の腕やひざ上くらいの薄めの脂肪部分にも効果的です。

デメリットは深い脂肪に届かないこと。一度にたくさんの面を施術できる反面、効果はマイルドです。

のっこ
のっこ
自分の脂肪タイプや体質に合わせてマシンをセレクトするのがおすすめ★

 

脂肪冷却の施術を受けれるエステ3選

それでは脂肪冷却を気軽に体験できるおすすめサロンを紹介します★

ラ・パルレ 冷却美脚ダイエットコース

ラ・パルレ 冷却美脚ダイエットコース

【料金】初回9,800円/通常会員価格71,820円
【施術部位】両脚
【所要時間】70分
【コース内容】ヒートマット、セルライトバスター、JuJu(EMS)、ショックウェーブ(衝撃波)、クライオ(脂肪冷却)
【場所】新宿総本店・北千住店・池袋本店・錦糸町店・自由が丘店・吉祥寺店・立川店・町田店
ラ・パルレは2018年のパリコレ協賛の実力派サロン。「結果が出なければエステではない」をポリシーに掲げ、外見だけの美ではなく、生活習慣や運動・食事など内側のアドバイスも徹底。芯から魅力を引き出すサポートを行っています。
「冷却美脚ダイエットコース」は、美脚に特化した脂肪冷却が魅力。初回の価格は、通常価格の89%OFF!70分たっぷり9,800円で受けられます。冷却+セルライトバスターのダブルの威力で、夏までにスリムな美脚を目指せます!

ル・ソニア 脂肪冷却トリートメント

【料金】初回4,320円/通常価格37,800円
【施術部位】希望部位(脂肪の多い部分)
【所要時間】60分
【コース内容】細胞活性、脂肪冷却
【場所】麻布十番店・新宿店・池袋店・府中店・横浜店・海老名店・千葉店・大宮店・広島店・鹿児島店・福岡店
顧客満足度調査で2年連続優秀賞受賞のル・ソニア。「オンリーワン」をポリシーとしたエステは、一人ひとりにジャストフィットなスーツを仕立てるように「テーラード美容」を良心的な料金で提案してくれる優秀サロン。
ル・ソニアの「脂肪冷却トリートメント」吸引式。落としたい脂肪部位をピンポイントで冷却してくれるから、ダイエット効果は絶大!脂肪冷却を受けた1〜3週間後にマッサージやキャビテーションを行うと老廃物の排出効果もアップ。さらなるサイズダウンが期待できます。初回は60分4320円と格安!今すぐル・ソニアへレッツ!

オリエンタル・スタイル iCe脂肪冷却

【料金】初回8,640円
【施術部位】希望部位(脂肪の多い部分)
【所要時間】90分
【コース内容】ヒートマット、iCe脂肪冷却、インドエステ(半身)
【場所】池袋店・新宿店・渋谷店・名駅店・栄店・梅田店・心斎橋店・難波店・三宮店・姫路店・河原町店・烏丸店・西院店・天神店
2018年エステ人気ランキングでは、総合部門全国第2位と支持率の高い実力派エステサロン、オリエンタル・スタイル。結果を重視したハンドマッサージ施術が得意なサロンですが、最新マシンも豊富。
オリエンタル・スタイルの「iCe脂肪冷却」はインドエステを組み合わせたお得なメニュー。吸引式の脂肪冷却マシンでしっかりと脂肪を撃退した後は、ハンドマッサージで脂肪排出を促進。インドエステの代わりにキャビテーションがセットになった初回コースもあり。いずれも初回限定90分8,640円で受けられます。

 

脂肪冷却の効果がでる施術時間&期間

脂肪冷却は施術時間や期間によって効果の出方が違います。施術を受ける前にチェックしておきましょう★

時間:40分以上必要

脂肪の厚みなど個人差はありますが、脂肪冷却の効果を得るためには最低40分は必要です。 これは、マッサージなどのの他の施術を除いた脂肪冷却だけの時間です。

脂肪が多めの腹部などは、冷却のみで45分以上必要というデータもあります。 とにかくじっくりと冷やして、脂肪細胞を破壊させることが大きなポイントです。

期間:2,3ヶ月必要

脂肪冷却でサイズダウンを実感するためには、2〜3ヶ月の継続した施術期間が必要です。
これは、アポトーシス効果で老廃物として完全に脂肪が排出されるまでに2〜3ヶ月かかるから。

繰り返し通うなら、2週間に1回のペースが理想です。
なぜなら、前回破壊した脂肪細胞が施術部位からなくなるのに、約2週間かかるからだと言われています。

のっこ
のっこ
ポイントは、破壊された脂肪細胞のカスがなくなった頃を見計らって次の施術を受けること。老廃物がクリアになった状態で受けた方が、次の施術でさらに多くの脂肪細胞を破壊できるんだよ。

脂肪冷却に即効性を求めるのはナンセンス。じっくりと時間をかけて脂肪をなくしていくのが、痩せ体質になる近道です。

脂肪冷却を受けるときの注意点

脂肪冷却を受ける前に気をつけておきたい注意点は4つあります。

施術部位は限られている

お腹や背中・太もも・お尻など、自分の手でお肉を掴める脂肪が脂肪冷却の効果が出せる部位になります。 吸引式を受ける場合は、カップ内に吸引できるくらいの脂肪が必要です。

 

脂肪冷却を受けれる部位 【施術部位の一覧】 ・二の腕 ・背中 ・脇 ・脇腹(ウエスト周り) ・腹部 ・臀部 ・太もも(内腿・裏) ・ひざ上 ・ふくらはぎ

一度に同時施術できる部位は、原則として2部位までになります。

2部位を越えると破壊された脂肪細胞のカスが増えすぎて、排出&減量のサイクルが壊れてしまうからです。

のっこ
のっこ
顔まわりやひざ下・ひじ下など皮下脂肪が薄い部分には効果が薄いので脂肪冷却は不向きです。

減量向きではない

脂肪冷却で60kgの体重を45kgに落とそうとしても、それはちょっと無理です。

脂肪冷却は減量ではなく部分的なサイズダウンを目指す人にメリットの多い施術です。

のっこ
のっこ
脂肪冷却は狙った脂肪をピンポイントで破壊する、部分痩せに特化した技術。全身くまなくスリムになりたい人にはあまり向かないよ。

施術後は脂っこい食事を控える

施術した日は、脂っこい食事やお酒は控えましょう。

なぜなら施術後は、冷えた体温を上げるために身体の代謝力がアップしています。
代謝が活発⇒栄養の吸収率UP⇒何を食べても1粒残らず吸収!

老廃物を体外にどんどん排出しようと、肝臓・腎臓にもハードな負担がかかっています。 カロリー控えめ・お酒はNGで、効率よく身体から脂肪を排出しましょう。

施術後は水分補給を欠かさない

施術後はとにかく水分補給を心がけましょう。

いち早く体外に脂肪細胞のカスを排出させるには水分補給は欠かせません。水分控えめという人は、いつもの2〜3倍量を飲むのがオススメ。

のっこ
のっこ
冷たい水でもいいけど、たっぷり水分補給するには常温の水の方がごくごく飲みやすいよ。ちなみに水分は水かお茶のことね。ジュースやコーヒーは水分に含まれないから注意して!

 

エステ・病院・クリニックの施術の違い

脂肪冷却のほかに、部分痩せ効果としてよく似ている施術が脂肪吸引。

脂肪吸引といえば、病院やクリニックなど医療施設で受けられる施術ですが、はたして脂肪冷却と脂肪吸引にはどんな違いがあるのでしょうか。

値段 施術時間 効果が出るまでの期間 痛み 傷跡 ダウンタイム
脂肪冷却 50,000円〜 50分〜70分程度 2週間〜3ヶ月 ・皮膚を引っ張られる程度の違和感 ・チクチクする感じ アザはできるが消える なし
脂肪吸引 120,000円〜 3時間程度 ※部位によって1泊入院 1ヶ月〜6ヶ月 ・筋肉痛のような強い痛みが1週間程度続く ・麻酔で切開の痛みはない ・皮膚切開の傷が残る ・内出血などダメージがある 6ヶ月

効果は同じなのに、こうして比べてみると脂肪冷却の方が断然メリットが大きいのがよくわかりますね!

価格・施術時間・効果が出るまでの時間はすべて脂肪冷却が有利! しかも、痛みなし・ダウンタイムなしとくれば脂肪冷却以外には考えられません!(吸引の刺激やアザは1時間くらいで消滅)

脂肪吸引は、切開手術ですから当然回復するまでのダウンタイムが必要です。『動けないほどの痛みで仕事を休んだ』という意見も。

のっこ
のっこ
脂肪吸引を受けた後、ジョギング程度の運動を支障なく行えるようになるには、1〜3ヶ月かかるんだとか。となるとダメージ皆無の脂肪冷却の方が優秀!
デブ
デブ
ふむふむ、なるほどです〜。脂肪冷却の良さがわかった気がする〜^ ^

脂肪冷却で引き締まったボディに!

脂肪冷却は、温め系エステで撃沈してしまった人にもオススメの施術。

痩せたい部分だけをピンポイントで攻められるから、部分痩せには効果絶大です!

通い続けることでさらに脂肪撃退効果がアップします。 今年こそ、脂肪冷却で引き締まったスレンダーボディーを手に入れてくださいね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました